HOME>注目記事>どのようなメリットと種類があるのかついて解説します

どのようなメリットがあるのか

マンション

ワンルームマンションに投資するとどのようなメリットがあるかというと、家賃収入と売却した時の利益の両方を得られることができる点です。株やFXなどの他の投資では売却した時の利益しか得ることができませんが、ワンルームマンションへの投資であれば家賃収入も得られることができるのです。さらに売却した際にそのワンルームマンションの価値が値上がっていえば、その分も自分の利益にすることができます。他にもワンルームマンションの投資は、不況時に強いといわれています。株やFXなどは不況になると大打撃を受けることが多いですが、不動産の場合、不況になったとしても住むところがなくては生活できないので、あまり影響はありません。不況であっても定期的に家賃収入が入る点がメリットであるといえるでしょう。

築古物件の特徴とは

住宅模型とお金

ワンルームマンション投資の種類は、築古と築浅の二種類に分けることができます。築古マンションとは、浴室やトイレが一緒になっているタイプで、バブル期頃に建てられた物件のことをいいます。築古物件のメリットは購入価格が安い点ので、自己資金があまり必要なことです。また、売却する時の売却益も築浅マンションに比べて多いので、ワンルームマンション投資の初心者が手を出すのに最適な物件であるといえます。

築浅物件の特徴とは

家族

築浅ワンルームマンションの投資には、どんな特徴があるかというと、物件を購入する際に銀行から融資してもらいやすい点が挙げられます。融資条件も築古物件に比べて良いので、金利も若干安めに設定してもらうことができます。また運営面においても築古物件に比べて修繕費などがそんなにかからないので、キャッシュフローの面を見ても良好であるといえます。ただし築古物件に比べて家賃の下落率が高いので、その点に注意して投資するのがポイントになります。

広告募集中